スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


裁判員「量刑、甘い」=強盗致傷の判例検索で違和感―横浜地裁(時事通信)

 横浜地裁で25日に判決が言い渡された強盗致傷事件の裁判員裁判で、裁判員経験者が判決後の記者会見で過去の量刑分布を記録した判例検索システムについて、「量刑が甘い」「判例にとらわれている」などと、違和感を表明する場面があった。
 裁判員を務めた川崎市の男性会社員(50)は「(システムを検索して)量刑判断する際、思っていたよりも刑罰が甘いと感じた」と話し、同市の別の男性会社員(37)も「過去の判例にとらわれているきらいがある」とし、裁判員の声を反映させて判例の枠を超えるべきだと述べた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
【特集】取り調べ可視化の行方
強盗強姦未遂容疑で男逮捕=ほかにも5件関与か
父殺害の男に懲役7年=「障害が影響」裁判員判決
「金に困ってた」と長女=金目当てか、事件後に支払い

テレ朝2審も敗訴 マンション建設報道で(産経新聞)
首相動静(5月21日)(時事通信)
事業仕分け後半戦スタート 塩供給業務は見直し(産経新聞)
これからも応援したい、と思う一発芸人は?(Business Media 誠)
「このまま死ぬんだな…」 秋葉原殺傷事件で刺された警察官が証言(産経新聞)

全員女性「意見言いやすかった」=「男性の声も」―性犯罪事件で裁判員・那覇地裁(時事通信)

 女性宅に押し入りわいせつ行為をしたなどとして、強姦(ごうかん)致傷などの罪に問われた沖縄県浦添市の廃品回収業川満秀樹被告(40)の裁判員裁判で、那覇地裁(鈴木秀行裁判長)は14日、懲役6年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。
 裁判員6人、補充裁判員2人全員が女性だった。判決後の記者会見で、裁判員を務めた50代の会社員は、全員女性だったことについて「意見が言いやすかった。男性がいると言いにくいこともあった」とした。一方、別の裁判員だった50代女性は「一般男性の意見を聞けたら良かった」と話し、評価が分かれた。
 また補充裁判員だった60代会社員は、裁判官が全員男性だったことを指摘。「裁判員に男性が、裁判官に女性がいた方がバランスがとれた」とし、制度改正を主張した。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
小学生女児を暴行容疑=45歳無職男を逮捕
女子生徒にみだらな行為=24歳教諭、容疑で逮捕
わいせつ行為撮影し販売=DVD所持容疑で調理師逮捕
鳥取連続不審死、捜査終結=裁判員裁判で審理へ

他人のカードで商品購入=容疑で中国人6人逮捕−警視庁(時事通信)
<新党改革代表>「舛添政治カレッジ」に16人参加(毎日新聞)
井上公明幹事長、民主に憲法審査会始動を要求(産経新聞)
マンション室内で刺される?男性2人心肺停止、1人負傷 大阪(産経新聞)
<三社祭>「宮出し」で最高潮に(毎日新聞)

百貨店、中元商戦スタート=独自商品など売り込み(時事通信)

 百貨店大手の中元商戦が11日、スタートした。東京・日本橋の三越本店と高島屋は各社の先陣を切って商品展示を開始。消費低迷が長引く中、各社は8月上旬ごろまで続く販売合戦でしのぎを削る。
 三越本店では、新入社員が浴衣姿で開店直後の客を出迎える恒例行事を実施。入り口近くで環境や健康に配慮した食品などの独自商品を目玉とするカタログを配布した。卜部栄明本店長は「低価格に走らず百貨店ならではの商品を提案したい」と意気込みを語った。一方、高島屋では正午すぎまで試食コーナーを設けて買い物客を呼び込んだ。
 各社は5月中にネット予約を開始し、6月から店頭受け付けを本格化させる。節約志向を反映し、商戦の目標は三越が前年より3%減、高島屋が前年並みを掲げており、厳しい戦いとなりそうだ。 

ツイッター活用した新聞創刊へ=首都圏の若者ターゲット−毎日新聞(時事通信)
皇太子さま、首都圏外郭放水路に(時事通信)
外国人弁護士の法人経営容認へ=規制緩和で秋にも法案提出−法務省(時事通信)
鳩山首相祖父の墓に黄色いペンキ(スポーツ報知)
インド軍との物資融通検討=国際貢献で連携、対中けん制も−防衛省(時事通信)

30周年目の朝市オープン=仙台市〔地域〕(時事通信)

 うるい、たらのめ、あいこ−。地元の山菜に野菜、海産物やパンが並ぶ毎年恒例の朝市が、仙台市泉区役所前で25日から始まった。期間は12月26日までで、今年で30回目。同日は約1000人が訪れた。
 山菜やしいたけを販売する熊谷喜利さん(65)は、朝市で25年間店を出し続けている。素材や食べ方について、消費者と直接コミュニケーションがとれるのが魅力だが、「お客さんは毎年減っている。若い人には時間が早すぎるのかな」と浮かない表情を見せる。30年間続く朝市にも時代の波が押し寄せている。
 減少傾向に歯止めをかけようと、泉区まちづくり推進課と出店者らで組織する運営委員会は、午前6時の開催時間を遅らせないかと協議してきた。しかし、まとまらないまま市は運営から撤退。開催時間や店舗数の調整、イベントの中身は、出店者らが自主運営することになった。新興住宅地で続く朝市が、若い家族をどう呼び込み、スーパーとどう戦うか。変革を迫られている。 

熱い思い 心つなぐ 全国の被災地へ食器送り激励(河北新報)
「国民目線で不起訴はおかしい」 舛添氏、小沢氏の進退判断求める(産経新聞)
「夢あふれる日本」舛添代表で「新党改革」旗揚げ(読売新聞)
「徳之島案には党として反対」普天間移設で社民・重野幹事長(産経新聞)
指導力不足教員12人 都教育委員会発表(産経新聞)

寝室から油検出=犯行、午前10時以降−富山夫婦殺害(時事通信)

 富山市でビルが燃え、焼け跡から2人の他殺体が見つかった事件で、2人が倒れていた寝室から油の成分が検出されたことが22日、富山県警富山中央署捜査本部への取材で分かった。油を入れた容器は見つかっておらず、捜査本部は、犯人が油をまいて放火し、容器を持ち去った可能性があるとみて調べている。
 捜査本部は同日、損傷が激しかった男性の遺体について、DNA鑑定の結果、同ビル所有者で2階に住む福田三郎さん(79)と確認した。 

<ペット投棄>「被害者の会」発足 埼玉・三芳町で初会合(毎日新聞)
<文科省職員>女性のバッグから財布 窃盗未遂容疑で逮捕(毎日新聞)
舛添氏ら午後に離党届 大島氏からは議員辞職要求(産経新聞)
<地震>新潟・胎内で震度4(毎日新聞)
嫌な同僚の頭、金づちで殴る 警備員を逮捕(産経新聞)

首相側近と国務副長官が会談へ、普天間協議か(読売新聞)

 【ワシントン=小川聡】鳩山首相に同行して訪米した佐野忠克首相秘書官が14日、米国務省のスタインバーグ国務副長官と会談することがわかった。

 米国務省が13日夜、発表した。

 佐野氏は首相の政務担当の秘書官。沖縄県の普天間飛行場移設問題に当初からかかわり、移設先を最終決定するために最近作られた内閣官房と外務、防衛両省の実務者による作業チームにも加わっており、会談で普天間移設問題について協議するものとみられる。

 国務省ナンバー2のスタインバーグ副長官が会談相手を務めることは、米側がこの会談を重視していることを示している。

時効撤廃・延長法案を可決=人命奪う犯罪対象−参院法務委(時事通信)
高齢ドライバーらの専用駐車区間、19日から導入(医療介護CBニュース)
年間で40億円を6社で?! 航空自衛隊の官製談合 天下り受け入れの果てに… (産経新聞)
家庭に眠るライター回収検討へ…省庁担当者会議(読売新聞)
橋下知事「大阪市長を政治的に徹底的に攻撃する」(産経新聞)

野生復帰で初誕生のコウノトリ、不明3か月(読売新聞)

 兵庫県豊岡市百合地の人工巣塔で2007年に孵化(ふか)し、国内の自然環境下で46年ぶりに巣立った雌のコウノトリが、今年1月11日に観察を続ける愛鳥家が同市香住の田んぼで確認したのを最後に、行方がわからなくなっている。

 野生復帰計画での誕生第1号だっただけに、関係者らは安否を気遣い、県立コウノトリの郷(さと)公園も情報を求めている。

 この雌は07年5月20日に孵化が確認され、7月31日に巣立った。国内では1961年以来の巣立ちだったことから、巣塔前に特設された観察場所は大勢の市民らでにぎわった。近くの市立新田小の児童らは「ニッタン」と名付け、巣立ち後も観察記録を付けていた。

 公園の飼育コウノトリの餌の時間になると、舞い戻る放鳥コウノトリが多い中、この雌はほとんど飛来せず、市街地周辺を中心に自活。市外に出ることはなく、行動範囲は限られていた。市街地の電柱で羽を休めることもあり、人が近づいて写真撮影しても逃げることもなく市民に親しまれていた。

 この雌には、位置情報を知らせる電波発信器を装着しておらず、目撃情報だけが頼り。左脚に上から「黒、黒、青」の順で、右脚は上から「黒」と個体番号「J0003」と書かれた識別用の脚輪が、それぞれ取り付けられている。

 同市百合地、農業北垣和一さん(65)は「あちこち捜しているが見つからず、鹿よけの網などに引っかかっていないか心配。最悪の事態にならなければいいが」と話している。

 情報は同公園(0796・23・5666)へ。

振り込め詐欺で男5人逮捕=被害総額2億円か−大阪府警(時事通信)
元社保庁職員無罪に検察上告=機関紙配布の国家公務員法違反(時事通信)
<高速道路>本四連絡道の上限料金設定を批判…仙谷担当相(毎日新聞)
医療データベースの数値目標を了承―厚労省懇談会(医療介護CBニュース)
郵便不正公判 「自立支援法」供述 副検事が誘導認める(毎日新聞)

<火災>親子3人が重体…事務所兼住宅焼く 川崎(毎日新聞)

 6日午前8時半ごろ、川崎市川崎区貝塚2の事務所兼住宅から出火し、3階部分を焼いた。市消防本部によると、この家に住む男性(22)と二男(4)、長女(2)の3人が意識不明の重体。男性は6人家族で、妻(22)と長男(6)らは小学校に行っていて無事だった。【川端智子】

【関連ニュース】
火災:深夜、住宅密集地から出火、5棟焼く 名古屋・南区
車両火災:ワゴン車全焼、3歳と1歳姉妹無事 宮城・柴田
北海道4児死亡:車内からライター部品 死因は焼死
火災:交番に落とし物届ける間に、ラーメン店全焼 和歌山
北海道厚沢部の車両火災:子供乗る後部シート付近で出火か

構造計算偽装 大阪の建築士 他に119物件担当 (毎日新聞)
普天間移設先 「みなさん腹案で動いてる」 首相(産経新聞)
皇太子ご一家が帰京(産経新聞)
「業務上の疾病」の伝染性疾患、介護も業務対象に(医療介護CBニュース)
肺炎球菌ワクチン「知らない」が過半数−万有製薬調査(医療介護CBニュース)

相模原市、19番目の政令指定都市に(産経新聞)

 相模原市は1日、政令指定都市に移行した。全国では昨年の岡山市以来、19番目で、県内では横浜、川崎に次いで3市目となる。人口は約71万人(3月1日現在)。行政区は緑、中央、南の3区に分割された。

【関連記事】
無免許で公用車運転容疑 相模原市役所職員を逮捕
自治体サイト使いやすさ、相模原市3位で三鷹市2位…なんと1位は
2町と合併、新「熊本市」発足 2年後20番目の政令市に
選管職員が別の選挙区投票所に女性誘導 投票無効に 神奈川 
1人に投票用紙2枚、不在者投票請求書紛失…神奈川でミス相次ぐ

若林氏辞任 参院議長が激怒「悪用どころかバカ用だ!」(産経新聞)
<掘り出しニュース>“まんが王国・土佐”をブランドに! 県が「まんが・コンテンツ課」新設(毎日新聞)
小学教科書検定 算数、理科を文系教員にも優しく(産経新聞)
京浜東北線に男が立ち入り逃走(産経新聞)
ベランダのプランターに乳児埋める、母親を逮捕(読売新聞)

館長雇い止め、人格権侵害認める=豊中市に賠償命令−大阪高裁(時事通信)

 大阪府豊中市が男女共同参画推進センター館長の雇用契約更新を拒否したのは違法として、元東京都議で女性政策研究家の三井マリ子さん(61)が同市などを相手取り、1200万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が30日、大阪高裁であった。塩月秀平裁判長は、請求を棄却した一審判決を変更し、同市などの人格権侵害を認定、150万円の賠償を命じた。
 判決によると、三井さんは2000年、非常勤の館長に就任。1年ごとに雇用契約を更新していたが、常勤化を打ち出した市が公募で別人を選び、不合格となった三井さんは04年3月で雇い止めされた。
 塩月裁判長は「三井さんの行動に反対する勢力から受けた組織的な攻撃に市が屈した」と認定。「説明せずに常勤化に動いたのは人格権の侵害」と判断した。
 判決を受け、三井さんは記者会見し「非常勤の人たちにとって判決は大きな力になる。行政はもっと真剣に男女平等に取り組むべきだ」と笑顔で話した。
 豊中市の永原武敏人権文化部長の話 大変残念。判決内容を精査し、今後の対応を検討する。 

里見女流名人CMデビュー!人気将棋漫画のCMで(スポーツ報知)
携帯基地局の設置にルール、鎌倉市条例可決(読売新聞)
【りこめんど】ローランド 田中英一社長(産経新聞)
議会リコールへ自転車街宣開始=河村たかし名古屋市長(時事通信)
<政党機関紙配布>74年の判例疑問視 「逆転無罪」判決(毎日新聞)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
リンク
ライブチャット
カードでお金
債務整理無料相談
現金化
ネイルサロン
クレジットカード現金化
情報商材
携帯ホームページ
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM